貿易事務で求められる英語力

企業によって異なってきますが、一般的に貿易事務で求められている英語力としてTOEICでは700点、英検だと準一級ほどとされています。これから貿易事務を目指すのであればこのラインを目標にしていくといいでしょう。

営業と事務

男女

商社で働く場合

商社で働く場合、海外企業と取引を行なう営業マンとして働くのか、商品の発注や受注、書類作成などをメインに行なう貿易事務として働くのかを決めておく必要があります。

求められる英語力

役職によって求められる英語力が変わってきます。リスニングやネイティブな発音で英語を話すことが出来るようになれば営業マンとして役立つことが出来るでしょう。

事務処理能力

事務処理能力が高い方や、英文の筆記や読解力に長けている方は貿易事務として重宝されます。一般事務から英語を勉強して貿易事務に転職する方も最近は多いとされていますよ。

入社してから教育も

英語力や事務処理力がなくても、入社後に研修を行なって教育していく企業も多くなってきています。しかし全くの未経験より多少知識があったほうが身につきやすくなるので、自分自身でも勉強しておきましょう。

広告募集中