英語は出来ていたほうがいい

貿易事務の仕事に就くなら英語は出来ていたほうがいいでしょう。しかし、英語が出来なくても採用する貿易関係の企業も多いのでしっかりと求人を探してみるようにしましょう。

貿易に役立つ資格まとめ

「通関士」

通関士は貿易関連の資格の中で唯一、国家資格になっている資格です。この資格を取得しておけば貿易業の職に就きやすくなるため役立つ資格として人気があります。

「国際航空貨物取扱士」

国際航空貨物取扱士は主に空港での就職に役立つ資格になっています。受験資格は特に設けられていないため誰でも受験することが出来るのが特徴になっています。

「マーケティングビジネス実務検定」

マーケティングビジネス実務検定は貿易事務だけでなく、様々な仕事に活かす事のできる資格です。受験する科目が複数に分かれているので自分が求めている科目を選んで受験しましょう。

「TOEIC」

TOEICは厳密に資格ではありません。しかし、現在では英語検定よりも需要があり、高い点数を取った方は貿易事務でも重宝される人材として多くの企業が求めています。

貿易事務の職に就くには

レディ

貿易事務の仕事

貿易事務の仕事は多岐に渡っています。海外とのやり取りを行なう商社での事務職も貿易事務の一つになっているのです。また、国家資格である通関士が活躍できる通関業での事務も貿易事務となります。

様々な知識が必要

貿易事務の仕事では貿易に関する知識だけでなく、語学力も必要になってきます。取引先の言語を理解していないとどの商品が必要なのかを理解することも出来ないでしょう。最低限ビジネス英語はマスターしておく必要があるとされています。

貿易事務の面接を受けた方々の体験談

英語以外の言語も必要かも

商社に就職希望を行ない面接をしました。英語には自信があったのですが、やはり英語以外での取引も行なうようで他の言語も覚えておくようにと言われましたね。

英検よりもTOEIC

面接官に英検よりもTOEICの点数のほうが重要だよと言われました。私は両方取得していたので問題なかったのですが、これから貿易の仕事を行なおうと考えている方々はTOEICも勉強しておいたほうがいいかもしれません。

通関士を持ってて良かった

転職として海運業者の面接を受けたのですが、通関士の資格を持っていることが決め手になったようです。努力して通関士の資格を取ったかいがあったなあと実感しています。

事務経験があったので

元々事務の仕事をしていたので、キャリアアップを目指し貿易事務に挑戦しました。私が受けたところは、英語の知識は追々身につけていけばいい、とのことだったので安心出来ました。必ずしも英語が必要という訳でもないようですね。

全くの未経験でしたが

貿易関係や事務関係の仕事を行なったことがなかったのですが、パソコンのスキルが高く評価されてアシスタントからスタートということで就職できました。事務処理作業ではパソコン操作が多いので未経験でも採用されたのも納得です。

広告募集中